逆実存メロン

思ったことを適当に溢していくと思います

思うこ

4/10
 帰宅するなり、シャワーを浴びろ、という時世であるので、人類ははじめ何のために水浴びをしたのだろうか。神前で身を浄めるためだろうか、とも思ったけど、野生のゾウが寄生虫を寄せ付けないために泥を身体に塗りつけたり、他の生き物が水浴びをしたりしているのをダーウィンが来た!などで見たことがあるので、生き物にはそんな本能が備わっていて、人間にも身体を綺麗に保ちたいという衝動(人間には本能はないと思っているのであえて衝動)がある、というだけなのかもしれない。とおもった。

 最近、髭をよく剃るようになった。中学の頃はあまり剃りたくなかったのだが、自分のことはよくわからない。出る杭は打たれる、と言うが、生える毛は剃られる。打たれるのと剃られるのじゃ多分剃られたほうがダメージが大きく、毛は不遇だなとおもった。

 怪我をした。左腕であること、切創傷であることから、自傷の跡みたいな感じがあり、困る。位置が三とは異なるので見分けることが可能。どーでもいい。電子辞書サーフィンをしていたところ、切創傷は見た目の大きさの割に傷が浅いことが多く、治りやすいみたいなことが書いてあった。人間が自傷として「切る」をするのは治りやすいからかもしれない。治りやすいため傷口からやばいウィルスが入ってくることが少なく、適者生存的に、切る種が繁栄したのかもしれない。書いてみて気づいたけど、killと掛けているのかもしれない。先日水族館でトリノアシという生き物を見て、その子は環境の変化で触手を自切することがあるらしいと知った。

4/11
 サクラダリセットをちょっとだけ読み返していたら、わたしでは足りないな、と思った。わたしの与えられる最大と、わたしの受け取れる最大では、大きな愛に対しては尖ることしかできなくなってしまうということだ。愛のことはよくわからないけど、それは暇を潰した時間なのではないかと予想している。ヒトに対してはこの表現は適切でない気がするけど、よく遊んだおもちゃとか、何度も見ている景色については、こっちの方が合っていると思う。無難にいくなら、「そのコトについて考えた時間」とかでいい。考え抜けば大抵の概念は愛せるのだということでもある。それが同級生だろうと、石ころだろうと。でも恋はたぶんちょっと違うと思う。日本語話者に生まれてよかった。愛と恋の違いに気付けるから。英語だとたぶんどっちもLOVEなので人種差別に人種差別という名がついてないと人種差別の悪に気付けない私には愛と恋の違いにも気付けない。

4/17
 「傘持ってきたっけ、あれ、ああ、朝少し降りそうだったけど急いでいたから傘は持ってこなかったんだ」と思った。いつもいつか食べたモノを纏って脱げないまま生きているらしい(いつもいつか読む聞くなどしたことの影響をうけて脱せないままいきているのですね)。

4/19 16:47
 ワイヤレスイヤホンとウォークマンを無くした。ウォークマンを無くしたのは自室だからすぐにみつかると思うが、イヤホンの方は砂漠(学校)だからわからない。誕生日プレゼントとしておじ辺りにもらったものなので申し訳なく、そもそもこれまでも何度か落としてきている経歴があるので、もう少し扱いを善くすべきだった。明日の朝ワイヤレスではないイヤホンをもって出掛けるのかワイヤレスのヘッドフォンをもって出掛けるのかが、今後の論点になりそうだ。

4/21
 ウォークマンは普通にすぐ見つかった。枕の下にあった。イヤホンが、ない。砂漠の落とし物コーナーを見てみてもないし、割と頭がおかしいやつが多いので誰かがもっていってしまったかもしれません

 私が、誰かの全てを赦して、そんで、その人に、私の全てを赦してもらいたいと、おもうときがあるのだけど、私が誰かの全てを赦せる想像が上手くできない子なので、たぶん無理だろうとおもう。

 日本人はもともとhakaruしか持っていなかったのに、大陸から漢字が入ってきたことによって新たに測る、計る、量る、とかを得たのすごい、と物理の授業のときおもった。

 昨日の夜は体調がよくなくて、頭がふらふらして少し吐きそうだったのでホルモンバランスという言葉を思いました。お腹痛いときは白虎野の娘を聴くといい(という経験則あるいはなんとかの犬)。団子を食べ過ぎたのがいけなかった。